• トップ /
  • ビジネスカジュアルが与える印象

ビジネスで大切な印象

ビジネスカジュアルが与える印象

ビジネスにおける服装について

ビジネスではマナーが大切です。当然マナーは服装にも及びます。着用している服装で相手に与える印象も変わってきます。ドレスコードはネクタイ着用のスーツが基本です。スーツの色は黒系か紺色。ワイシャツは白、ネクタイはトラディショナルなものとこういった組み合わせが無難です。しかし昨今はクールビズの導入などによりビジネスの場でもカジュアルな服装が随分認められるようになってきました。とはいいつつもある程度のマナーは残っています。ビジネスカジュアルにおける決まりは特にありませんが、基本は周囲に不快感を与えないということです。職場や職種によって許されるカジュアル度は異なってきます。例えば金融機関であればノーネクタイは許されても派手な柄モノのシャツは認められないでしょう。少し緩めの企業でもハーフパンツやサンダルばき、丸首のシャツは認められないところが多いです。また全くドレスコードのないところでも外部の人と会う時にはきちんとした印象のものに着替える必要が出てきたりします。服装が与える印象はその人だけに帰属するものではなく、その人が所属する企業全体の印象を左右さすることもありますので、ビジネスカジュアルとはいってもTPOを考えて使い分ける必要があります。

↑PAGE TOP